cctv長距離ズームレンズにおける電子的および光学的曇り除去の適用

曇り止め技術には2つのタイプがあります。
光学曇り
一般に、770〜390nmの可視光は霧を通過できませんが、赤外線は可視光よりも波長が長く、回折効果がより明確であるため、赤外線は霧を通過できます。この原理は、光学的曇り除去に適用され、特殊なレンズとフィルターに基づいているため、センサーは近赤外線(780〜1000 nm)を感知し、光学的に光源からの画像の鮮明度を向上させることができます。
しかし、赤外線は非可視光であるため、画像処理チップの範囲を超えており、白黒画像しか取得できません。
E-defog
電子曇り除去は、画像を強調するための画像処理アルゴリズムの使用です。electronic-defogには複数の実装があります。
たとえば、非モデルアルゴリズムを使用して画像のコントラストを高め、主観的な視覚を改善します。さらに、照明モデルと画像劣化の原因を調査し、劣化プロセスをモデル化し、逆処理を使用して最終的に画像を復元するモデルベースの画像復元方法があります。多くの場合、画像のかすみ現象の理由は、霧に加えてレンズ自体の解像度と画像処理アルゴリズムに関連しているため、電子曇りの影響は重要です。
曇り止め技術の開発
日立が発売したブロックズームカメラモジュールSC120は、早くも2012年に曇り止めの機能を備えています。間もなく、ソニー、ダーファ、ハイビジョンなども同様の電子曇り除去製品を発売しました。数年の開発の後、電子曇り止め技術は徐々に成熟してきました。近年、レンズメーカーはカメラメーカーと緊密に連携し、さまざまな光学曇り止め製品を次々と発売しています。
ビューシーンによるソリューション
Viewsheenは、標準のスーパーデフォグ(光学+電子)を備えた一連のズームカメラモジュールを発売しました。曇り止めの最高のパフォーマンスを得るために。光学的+電子的方法は、光源からバックエンド処理までを最適化するために使用されます。光源はできるだけ多くの赤外光を通過させる必要があるため、大口径レンズ、大型センサー、反射防止効果の高いフィルターを総合的に検討する必要があります。アルゴリズムは、物体の距離や霧の強さなどの要因に基づいている必要があり、曇りのレベルを選択して、画像処理によって引き起こされるノイズを低減する必要があります。


投稿時間:2020年12月22日