ズームブロックカメラのOISとEIS

前書き
デジタルアクションカメラの安定化は成熟していますが、CCTVカメラレンズではそうではありません。
その不安定なカムの影響を減らすには、2つの異なるアプローチがあります。
光学式手ぶれ補正は、レンズ内部の複雑なハードウェアメカニズムを使用して、画像を静止させ、鮮明なキャプチャを可能にします。家庭用電化製品では長い間使用されてきましたが、CCTVレンズでは広く採用されていません。
電子式手ぶれ補正はソフトウェアのトリックであり、センサー上の画像の正しい部分を積極的に選択して、被写体とカメラの動きが少ないように見せます。
それらの両方がどのように機能するか、そしてそれらがCCTVでどのように適用されているかを見てみましょう。
光学式手ぶれ補正
略してOISと呼ばれる光学式手ぶれ補正は、自動制御PIDアルゴリズムを備えた光学式手ぶれ補正レンズに基づいています。
光学式手ぶれ補正機構を備えたカメラレンズには、カメラの移動に合わせてレンズ内の1つまたは複数のガラス要素を物理的に移動させるモーターが内蔵されています。これにより、安定化効果が得られ、レンズとカメラの動き(たとえば、オペレーターの手の揺れや風の影響など)に対抗し、より鮮明でぼやけの少ない画像を記録できます。
光学式手ぶれ補正機能を備えたレンズを備えたカメラは、ないカメラよりも低い光レベルでより鮮明な静止画像をキャプチャできます。
大きな欠点は、光学式手ぶれ補正にはレンズに多くの追加コンポーネントが必要であり、OISを装備したカメラとレンズはそれほど複雑でない設計よりもはるかに高価であるということです。
このため、OISはCCTVズームブロックカメラでのアプリケーションが成熟していません。
電子画像安定化
電子画像安定化は、略して常にEISと呼ばれます。EISは主にソフトウェアによって実現され、レンズとは何の関係もありません。
不安定なビデオを安定させるために、カメラは各フレームで動いているように見えないセクションをトリミングし、電子機器はトリミング領域を拡大します。画像の各フレームのトリミングは、揺れを補正するように調整され、ビデオのスムーズなトラックが表示されます。
可動部分を検出する方法は2つあります。1つはgセンサーを使用し、もう1つはソフトウェアのみの画像検出を使用します。
ズームインするほど、最終的なビデオの品質は低下します。
CCTVカメラでは、フレームレートやオンチップシステムの解像度などのリソースが限られているため、2つの方法はあまり良くありません。したがって、EISをオンにすると、振動が少ない場合にのみ有効になります。
私たちのソリューション
手ぶれ補正ズームブロックカメラを発売しました。詳しくはsales@viewsheen.comまでお問い合わせください。


投稿時間:2020年12月22日